AGAのボーダーラインの理念

迫りくる抜け毛・薄毛の驚異に私たちはどのように対処すれば良いのでしょうか。
育毛剤や育毛サプリメント、発毛サロンはたくさんありますし、効果が認められる成分もどんどん開発されています。
かつらや植毛技術も、より自然なものへと進化中。

とは言え、どの段階でどんな対処をすればいいのか判断するのは難しいことです。
闇雲に育毛剤を使っても、効果があるか分からない。
うれしい悩みなのかもしれませんが、発毛サロンに行こうにも選択肢が多くて迷ってしまいます。

あるAGAの専門家によると「薄毛であるかどうかに明確な基準はない」のだとか…。
つまり、その人が「髪が薄くなっている」と感じていれば薄毛だし、地肌が見えていても薄毛じゃないと思っていれば、その人はハゲていないというわけです。
もちろん、「症状の重さ」についても同じことが言えます。

まだ大丈夫だけど、将来がちょっと心配…。
抜け毛の量が多い気がする…。
おでこが前より広くなってきた(M字になってきている)…。
もう頭頂部の地肌が見えてきている…。

薄毛の悩みの重さや気になる箇所も人それぞれ。
「死守したい薄毛の境界線」は違うわけです。

この「死守したい薄毛の境界線」を「AGAのボーダーライン」として、より多くの人に役立つAGAの役立つ情報を発信して行こうと思ったのが、このサイトを立ち上げたきっかけです。

薄毛対策に完璧な正解はありません。
ただ極端な話、育毛剤で対策できるのに植毛してしまうのはナンセンスな話。

できる限り、症状に合った対策をするために、そして、そのためのを分かりやすくするための情報をお届けできればと思っています。

運営団体名 AGAのボーダーライン編集部
住所 千葉県船橋市藤原3-17-1-1002
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
Pocket